肌が弱い人はシェーバーでムダ毛処理しない方が良いのでしょうか?

そんなことはありません。

今やシェーバーは、高品質で高機能で肌に優しいというものをコンセプトに作られているものがほとんど。
肌が弱いために、カミソリではなくシェーバーを使って処理したいという要望が多いからなのです。

最近では、肌に低刺激なシェーバーが数多く産まれています。
中でも、フィリップスの回転刃は肌に弱い人にオススメ。
価格的にもお手ごろなので、試す価値はありますよ。

回転刃は、外の刃が厚く丸くなっていて中の刃の回転によって髭を剃ること。
外の刃が厚いため、肌を傷つける心配もないため肌に優しいのです。
産毛や長い毛を剃るのにも適しており、振動音もしずかなのが特徴。
注油も必要なく手入れが簡単なのも嬉しい。

ただ、深剃りができないのが難点。
ひげが濃い方や伸び易い方は、ブラウンなどの往復刃を使用することをオススメします。

では、肌に弱くて髭が濃かったり伸び易い場合はどうすればいいのか?
そんな方は、ロータリー式のシェーバーがオススメ。

日立から発売されているシェーバーで、往復式と回転式の良い部分を合わせて作られたもの。
文字通り、肌を傷つけることが少なく深く剃ることができます。
ただ、肌を軽く滑らせる感覚でやらないと傷つき易い構造でもあります。
使い方には注意してください。

電動シェーバーと普通のシェーバーとに、どのような違いがあるかを知ることが大切です。

基本的に、肌が弱い人は電動シェーバーをオススメします。
電動シェーバーのほうが、普通のシェーバー(カミソリ)と違って、深剃りしない分、肌を傷つけづらいからです。

名前に安全カミソリとついていても、通常のカミソリは深剃りするためのもの。
肌の弱い人がカミソリを使用すると、簡単にカミソリ負けを起こしてしまいます。
すると、肌荒れやボツボツとした赤みや腫れができてしまいます。

ですから、肌の弱い方はカミソリは不向きです。
髭が濃い方や伸び易い方には、このカミソリタイプは適していますが、肌の弱い方は電動シェーバーのほうがいいですよ。

電動シェーバーにも色々種類があります。
往復式タイプ、回転式タイプ、ロータリー式タイプの3種類。

肌が弱い人には、回転式タイプがオススメ。
フィリップス製品の多くがこの回転式です。

低騒音かつ低振動で剃っている際も非常に静か。
それでいて、内刃が厚いため肌を撫でる感覚で剃れちゃうんです。

それでもきちんと、シェービングフォームをつけて処理することが大切です。
シェービングフォームをつけることで、刃が触れた際の刺激を軽減してくれるからです。

このタイプは注油不要でメンテがラクなのも特徴の一つ。
ただ、剃るのには時間がかかるのがデメリットかもしれません。

肌が弱いというのは悩みですよね。
私も父のシェーバーを使ったらすぐに肌荒れしたという経験があります。

当然かもしれませんが、シェーバーは個人個人が持っておく方がいいかもしれません。
電動シェーバーなどは、肌に直接触れるものだから衛生的な管理はもちろんのこと、使用期限もあります。

基本的には誕生日に交換するなど定期的にしたほうがいいかもしれません。
刃の剃れ味はもちろんのこと、刃がやはり汚れてきて剃ったら肌荒れするなんてことも多々ありますから。

電動シェーバーは、顔用やボディ用など色々販売されています。
それぞれの部位にあわせたタイプのシェーバーを使用する方がいいかもしれません。

個人的には、フェリエボディ用やフィリップス製品あたりがオススメです。
フィリップス製品でしたら、回転式の刃なので肌に優しく処理できますよ。

ボディ用のシェーバーは基本的に肌に優しいタイプが多いです。

シェーバーのあとは必ずボディローションやボディクリームで保湿してあげることが大切です。
シェーバーのあとは、肌が非常に弱っています。
なので、保湿をしっかりして、肌へのダメージを軽減してあげることが大切なのです。

電動シェーバー以外には、永久脱毛という手もあります。
女性の場合は永久脱毛をされている方も少なくないようです。
お財布との相談ですね。

肌が弱い人向きのシェーバーってあるのでしょうか?
ここでは、肌が弱い人向けのムダ毛処理に適したシェーバーを紹介します。

【フィリップス アクアタッチシリーズ】
肌へのダメージを防ぎながら、深く剃ることができます。
カミソリ負けはほぼ皆無のオススメ商品です。

それでも、処理後は保湿が大切です。
保湿をするかしないかだけで、肌バリアは大きく変わってきますから・・・。

化粧水でもいいですが、ザスインターナショナルというメンズ用の保湿ジェル、ハイパーエックスのほうが抵抗なく使えるかと思います。
ウェットタイプの防水型を選んだほうが、ジェルを使えるので肌に優しいかと思います。
洗い流しができるため衛生的な管理ができますし・・・。

ただ、ヘッドが特殊なため使いこなすにはある程度の馴れが必要です。
刃の耐久性も優れているため、何度も買い換える必要もありません。
3年程度はもちますよ。

回転式の刃は肌に優しい構造なので、回転式の刃を使うといいですよ。
ただ深剃りや濃い目の方には満足できないかもしれません。
長めの髭は綺麗に剃れますよ。
一度使うと病みつきになるかも・・・。

【パナソニック】
ラムダッシュは剃り味が抜群で剃り残しが少なくなります。
肌がツルツルに・・・。
ただ敏感肌には刺激が強いかもしれません。

ブラウンも肌の滑りは優れていますが、肌質が弱い方には少し刺激が強い気がします・・・。

カミソリタイプや毛抜きは、肌に負担が大きいので肌が弱い人にはオススメできません。
同様に脱毛テープも痛みがあり赤くなることが多いため、肌が弱い人にはオススメできません。

シェーバー以外には、低刺激ローションやジェルタイプのものがオススメ。
中でも、豆乳ローションやコントロールジェルMEが使い易くてオススメです。

コントロールジェルMEは簡単で子供にも安心して使えます。

豆乳ローションは自宅でも簡単に作れるので、市販のが抵抗がある方は一度自分で作ってみてください。
作り方は簡単です。

1.無調整豆乳を鍋に入れ弱火でかける(軽くかき混ぜながら温めてください)

2.60程度になったら火からおろす(完全に沸騰すると有効成分がなくなりますので注意してください)

3.レモン1/2を絞りエタノールを20ml入れてください。(エタノールは肌質に合わせて調整して下さい)
乾燥肌=少なめ 
オイリー肌=多め

4.5分程度寝かせます

5.ざるにコットンタオルを敷き、その上にキッチンペーパー2枚を重ねます。

6.そこに寝かせたものを流します。

7.タオルを閉じて絞ってください。

8.清潔な容器に移して冷蔵庫で保存する。

これだけです。

パイナップルローションもパイナップルをミキサーにかけるだけで簡単に作れます。
一度試す価値はありますよ。

シェーバーをもらうと男性側も非常に嬉しいものです。
経験から言わせれもらうと、肌が弱い場合はフィリップス製品が嬉しいですね。

フィリップス製品は、回転シェーバーのアクアタッチがオススメ。
肌への刺激はほとんどないですし、それでいて防水仕様。
よくシェーバーは洗顔中に誤って落とすことがあるのですが、これなら安心です。
お風呂でのシェービングもできますしね。

癖ひげや濃いひげもきちんと処理してくれます。

回転するたびに内刃が外刃に当たって磨かれ、自動的に研磨されていきます。
なので、交換時期も遅めになります。
その上価格的にもお求め安い。

シェーバーは衛生的な管理をしないとすぐに肌荒れを起こしてしまうのですが、防水仕様なので丸洗いOK。

今は生産中止みたいですが、ネットでは注文できますよ。
私は長いこと愛用していますが、これを使って肌をあれたことがありません。
女性が使ってもいいかもしれませんね。

ただ、シェーバーにプラスして保湿ジェルを買ってあげるとよりいいかもしれません。
実は髭剃りのあとにきちんと保湿をしないと、肌荒れをすぐに起こすのです。
ジェルだと、ザスインターナショナルというメンズコスメの保湿ジェル、ハイパーエックスがオススメですよ。

剃り味を重視するならば、パナソニックのラムダッシュも捨てがたいですね。